図絵曼荼羅成立要因19 1-1  チベット仏教ニンマ派のゾクチェン トゥカルの四顕現

初めての方は「図絵曼荼羅成立要因1」からどうぞ
 
「図絵曼荼羅成立要因18 1-1 ゾクチェン(セムデ・ロンデ・メンガーデ)トゥカル」のつづき

ゾクチェンのトゥカルの顕現には

四段階あり

F200811262045092004721386.jpg


「四顕現」と云われる。

第一顕現(直接なる法性の顕現)、

第二顕現(境地が増える顕現)

については詳しく記さないが、

第三顕現(明知が定量に到る顕現)に入ると、

第二顕現で顕れた数種の顕現が

一つの光滴になる。


 その光滴が増えてつながるのであるが、

その後、

信じられないことには

これらの光滴の中に、

なんと仏身があらわれる。

筆者も伝授を受けたときは

まったく信じられなかったが、

実際に肉眼で

人影のようなものが見えるのである。


「図絵曼荼羅成立要因20 1-1 ゾクチェン トゥカルの顕現と金剛界曼荼羅」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします

精神世界ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク