図絵曼荼羅成立要因22 第一章 第二節「本質を有するもの」 曼荼羅 顕現

初めての方は「図絵曼荼羅成立要因1」からどうぞ

「図絵曼荼羅成立要因21 1-1 中沢新一教授のゾクチェンのトゥカルの説明」のつづき

 曼荼羅

mm.jpg

「仏の悟りの世界」

であると紹介されている

ことが多い。


 しかし、

チベット密教ニンマ派に伝承される

ゾクチェンの瞑想技法トゥカル
の実践によって

仏の悟りの境地である

第四顕現った瞬間、

曼荼羅は一瞬にして、

跡形もなく消えてしまうのである。

 そもそも

曼荼羅とは

なのか。

「図絵曼荼羅成立要因23 1-2 曼荼羅とは何か?マンダラ 本質を有するものと本質」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします

精神世界ランキング3

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク