スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曹洞宗の禅師との対話 上座部仏教の長老の大乗仏教経典批判について

 一昨日、伝法密院に

青森から曹洞宗の禅師が

eiheiji12.jpg

訪ねて来てくださいました。

 話は、曹洞宗と真言宗の修行内容や

曹洞宗と真言宗の現状、

曹洞宗と同じ禅宗である臨済宗や黄檗宗、

真言宗や天台宗の密教と曹洞宗の法式の関係や、

ケツンサンポ・リンポチェ

ダライラマ法王,

ニンマ派の三大成就者

タイの阿羅漢、

ベトナムのティク・ナット・ハン禅師、

チベット仏教、

ゾクチェンと禅の関係、

ゾクチェン思想と真言密教思想の共通性など

話が尽きず、

あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 非常に有意義な時間でした。

images_20100701071912.jpg

 その中で、お名前は出しませんが、

上座部仏教のある長老が

大乗仏教の経典を批判をされていることを

お聞きしました。

 私は、上座部仏教も尊い教えの伝統の一つであり、

その長老ご自身も

尊敬に値する方であると

考えておりましたので、

非常に残念です。

images_20100701071912.jpg

 般若心経の一節が

文章としておかしいことを指摘し、

それを根拠に

大乗仏教のすべての経典が

価値のないものであるとするのは

拡大解釈も甚だしく、

上座部仏教だけが論理的な本物の仏教だ

などというのは

無知に基づく傲慢な心の顕れ

でなくて何でしょうか。


 お互いのちがいを指摘し、

相手を否定するのは簡単です。


 しかし、

異なる部分を指摘することよりも

共通する部分を見い出し、

また、

学ぶべきところは、

学ぶという姿勢こそ

仏教徒のとるべき姿勢ではないでしょうか。


 仏教と

イスラム教やキリスト教などの

他宗教との間でも

そのことが大切である

といわれる

この時代に

同じ仏教徒が、

それも

高僧とされている方が

日本仏教の現状や論書などを

批判するならまだしも

大乗仏教を師について学んだことすら無いのに

大乗の経典を否定し、

五逆罪
(父を殺す、
母を殺す、
阿羅漢を殺す、
仏に流血させる、
サンガを分裂させる)

に等しい大罪を犯されるとは

非常に残念でなりません。

images_20100701071912.jpg

 仏教徒は

心を汚し、何も生みださない

不毛な論争には

できるだけ関わらないように

するべきです。


cow08.jpg

7月25日 四無量心観伝授会
定員がありますのでお早めにご予約ください。
定員になり次第締め切らせていただきます。


次回の阿字観講習会は、7月11日です。
ご予約は、横のメールフォームから
件名を「阿字観参加」とし
名前、住所、電話番号、年令、メールアドレスを明記の上
送信してください。

ブログの名称変更について

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。