玄奘と般若心経 10 文殊菩薩の夢告と玄奘三蔵

はじめての方は「玄奘と般若心経 1」からどうぞ!

「玄奘と般若心経 9」の続き

 文殊菩薩が続けて言われました

monjyub.jpg


「そなたは病気悲観してはならぬ
やがて中国人の僧が来て、そなたの弟子となるだろう。
そなたはすべてを授けてやるがよい」

 すると文殊、観音、弥勒の三尊は虚空に溶け入るように消え去ってしまいました。
kokuu.jpg





 目が覚めると病気はすっかり治っていました

 そして今、夢告のとおりに中国僧が来ているではないですか。

「されば、そなたに法を授けよう」

 戒賢論師は玄奘に瓶の水を移しかえるようにすっかり仏法をお授けになられました。

「玄奘と般若心経 11」に続く
{ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


○般若心経講説(5月11日~)
全10回 毎週火曜日 19時~20時30分
場所 真言宗伝法密院 (東京都足立区)


精神世界ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク