玄奘と般若心経 12 飲血の女神の生贄と玄奘三蔵

はじめての方は「玄奘と般若心経 1」からどうぞ!

「玄奘と般若心経 11」の続き

 盗賊たちは突伽天神(とっかてんじん、ウマー=カーリー)
ka-rli-.jpg

に仕える民でした。

毎年、秋になると容姿端麗な人いけにえに捧げ、
nepal.jpg

女神に福を祈るのを習慣としていますが、

今年は、美しい人間が手に入らず困っていたところでした。

そこへ美男玄奘が、
gennjyou.jpg
やって来てしまっのです。

玄奘は言いました。
「この身は不浄だから、殺されても惜しくはありません

ただ、仏法を学び、教えひろめるという誓願果たしておりません

これを殺すことは善いことではないでしょう」

 しかし、盗賊たちは聞く耳を持たず、水と泥と牛の糞を混ぜて、

女神血を捧げるための大壇をつくりはじめました。

「玄奘と般若心経 13」に続く
{ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


○般若心経講説(5月11日~)
全10回 毎週火曜日 19時~20時30分
場所 真言宗伝法密院 (東京都足立区)


精神世界ランキング


コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク