e6 スリランカ ポロンナルワ2 トゥクトゥクが連れて行った場所 孔雀と雉 象 牛

はじめての方は「e1 タイ1 スコータイ マハタート寺 ぶよぶよとした世界」からどうぞ

「e5 スリランカ ポロンナルワ1 仏教の変容 トゥクトゥクとサファリ」のつづき

400.jpg

 野球場くらいの広さの土地が、

汚物で埋め尽くされていた。

「この地方のゴミが全部、ここに集められるんだよ」

 ジャングルに行かないのか。

「よく見ろ。あのゴミの向こうに広がるジャングルを」

 ゴミの山は、ジャングルの一部だった。

 ジャングルの一部を、

人間がゴミ捨て場にしたのだった。

p10030-Kandy_Sri_Lanka-Climbing_to_the_Jungle.jpg

 尻に焼き印を押された家畜の牛と、

密林から出てきた象と孔雀が、

ゴミをあさっていた。

汚物の中で青光りしている孔雀が、

何とも毒々しかった。

 私は、ゆっくりと、目を閉じた。

s.jpg

 私がまだ少年だったある日、

偶然、山の中でキジと出会ったことがあった。

 人間と会ったのに、

キジはまったく動揺していなかった。


 逆に、

私に向かってくるような

毅然な態度で胸を張っていた。


 美しかった。

 色目を抑えた控えめな色彩が、

日本の山の峻厳な風景と一体となり、

そこに一つの世界の在り方を

取り出して見せたかのようだった。

s (1)

 キジが持っていた威厳を、

ここの孔雀たちは少しも持ち合わせてはいない。


 ゴミの中で、

煩悩のおもむくままに

動き回る孔雀たちは、

汚物に群がる銀バエを思わせた。

 私は、

牛と

象と

孔雀たちの

幸せを祈らずにはいられなかった。


 一切の存在は、

相互依存の関係によって

存在している。

 自らの業が環境に影響を及ぼし、

個々人の行為が

世界の未来を左右する。

 責任を伴わない自由を主張する者は、

略奪することで失うだろう。

 人は与えることで、

得るのだから。

sri_lanka-e4637.jpg

 目を開くと、

運転手が私の顔をのぞき込んでいた。

 柔らかい夕日が、

ジャングルの深みの中に沈んでゆく。

 私は、トゥクトゥクに乗り込んだ。



「e7 タイ パンガン島  リトリート 瞑想修行」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


8月の阿字観講習会、月例観音供はお休みです。

9月から少人数制で瑜伽行実践修行

9/12(日)舎摩他実習会 集中力をつける瞑想法です。

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)

1月18日 初観音 ・午後2時
2月2日 星まつり・午後7時
2月18日 観音供 ・午後2時
3月18日 観音供 ・午後2時
4月8日 花まつり・午後2時
4月18日 観音供 ・午後2時
5月18日 観音供 ・午後2時
6月18日 観音供 ・午後2時
7月18日 観音供 ・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時
9月18日 観音供 ・午後2時
10月18日 観音供 ・午後2時
11月18日 観音供 ・午後2時
12月18日 終観音 ・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク