e12 インド カーニャクマリ2 インド最南端の白い処女神と三海

はじめての方は「e1 タイ1 スコータイ マハタート寺 ぶよぶよとした世界」からどうぞ

「e11 インド カーニャクマリ1 南インドのまっ黒い神々と白い処女神クマリ」のつづき

ravana3.jpg

 黒い神々に守護されたインド大陸が、

逆三角形であることは地図を見れば明らかだ。

 逆三角形はインドの象徴体系においては

女性を示す。

 黒い逆三角形。

その最南端に祀られている神が、

白く

か弱い

処女神

であることは

隠喩に満ちている。

kanyakumari.jpg

 寺院を抜けて、

夕陽が射す下り坂を海へ向かって歩いた。


太陽はゆったりとかたむき、

オーロラのように雲がたなびいている。


 人々が夕日を見に集まっている。

子供がはしゃいで海水をかけあっている。


カメラをかまえる旅行者。


ベンチに座り込む老婆。


アイスクリーム売り。


 太陽は自身の姿を隠してからも、

幾重もの雲のひだを

芸術的な色彩で染め続けている。


 海は満ちていく。


 インド洋と太平洋と大西洋の三つの大海が、

ここで一つになっている。


一つなっているとはいうが、

海はもともと一つだ。


 ちがいは人間が、名付けたために生じたに過ぎない。


 一切の存在が、

名付けの力によって分離し、

そこに憂いと悲しみが生じる。


 観察するものと、

観察されるものが

同一であることが体験される時、

一切の存在は

もともと一つであることが

真に理解される。


kanyakumari.jpg

「e13 インド バルカラ1 ゾクチェンのトゥカル トゥゲル トゥゲー」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


8月の阿字観講習会、月例観音供はお休みです。

9月から少人数制で瑜伽行(ヨーガ、呼吸法、瞑想)実践修行

9/12(日)舎摩他実習会 集中力をつける瞑想法です。

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク