玄奘と般若心経3 玄奘三蔵と観音菩薩 観世音菩薩 観音さま

「玄奘と般若心経 2」の続き

病人は言いました。
「この病いを治す薬はありません。ただ、誰かが全身の膿を口で吸い取ってくれたら、この病いは治るそうです。しかし、この悪臭に誰も近づいてさえくれません」

玄奘は
「あなたはまさに不浄の身となっているが、考えてみれば、自分の健康なこの体もまた不浄なのです。不浄な体を持つ者が、他者の体を汚がることは愚かなことです」
そう言うと、玄奘は病人の膿を舐めとっていきました。

するとその時、とても良い香りがただよい、朝日のような光明が輝きわたりました。

DSC00733.jpg
病人は身を変じて観音菩薩になられたのでした。
続きは「玄奘と般若心経 4」へ!
{ちょっとはいい」と思った方はクリックお願いします


○般若心経講説(5月11日~)
全10回 毎週火曜日 19時~20時30分
場所 真言宗伝法密院 (東京都足立区)

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク