e19 チベット ラサ 爆弾テロに遭遇

はじめての方は「e1 タイ1 スコータイ マハタート寺 ぶよぶよとした世界」からどうぞ

「e18 インド マハーバリプラム3 海岸寺院の構造と思想 シヴァ ウマー カーリー ヴィシュヌ」のつづき

img_0015_20100817212124.jpg

 十一月のラサは寒かった。


 私は、一ヶ月以上滞在していたので、

相部屋の値段で個室に泊めてもらっていた。


 部屋は、

ベッドのスペースをベニヤ板で

区切ってあるだけだったが、

瞑想するには

個室であるだけありがたかった。


 夜になると建て付けのわるい窓のすきまから、

液体窒素のような夜風が吹き込んでくる。

a10f2.jpg

 朝になると、

歩いて西蔵大学に通った。

チベット語の講義が終わると、

宿の前にある食堂で昼食をいただき、

自習した。

 宿に戻り、瞑想し、横になった。

 毎日、同じことが繰り返されたが、

その日は、いつもとは違った。

a10f2.jpg

 門から出た、その瞬間、

目の前で何かが爆発した。

 何が爆発したのかは見えなかったが

道の真ん中から

白い煙が大量に吹き出してた。

 辺りが、みるみるうちに煙で覆われてゆく。


 歩いていた者は走り出し、

走ってきた車は、

進行方向とは逆に動き、

爆破があった場所から距離をおいて

みんな現場を注視していた。


 宿の従業員が全員、駆け寄ってきた。

 男が、私に詰め寄った。

「何をしたんだ?」

「彼は、なにもしていないよ」

 私の横に立っていた老婆が

数珠を繰りながら、

落ち着き払った声でつぶやいた。

a10f2.jpg

 白い煙の中に

何があるのか。


皆、門の影から煙をのぞき込んでいた。


 のぞき込んでいるうちに、

風向きが変わった。

img_0015_20100817212124.jpg

「e20 チベット ラサ2 爆弾テロに遭遇2 催涙ガス 催涙爆弾 情報操作」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


8月の阿字観講習会、月例観音供はお休みです。

9月から少人数制で瑜伽行(ヨーガ、呼吸法、瞑想)実践修行

9/12(日)舎摩他実習会 集中力をつける瞑想法です。

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク