スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e30 チベット ラサ2 ウイグル人の屋台 旅人との対話

はじめての方は「e1 タイ1 スコータイ マハタート寺 ぶよぶよとした世界」からどうぞ

「e29 チベット ラサ 巡礼者 文化の破壊 」のつづき

flags.jpg

 この時間になると

「開発」されてしまった通りに、

中国人が経営する火鍋や、

ウイグル人が経営する山羊や羊肉の串焼きなどの

屋台が並びはじめる。


 私は、同じ大部屋にいる旅人に誘われて

串焼きの屋台に座っていた。

splash.jpg

 ラサの夜風は夏でも冷たかった。

 
 旅人はラサ・ビールで、

私はぬるいお茶で、

「神の地」に来ることができたことを乾杯した。


 旅人は、フェリーで上海から中国に入り、

二ヶ月かけてラサまで来たのだと言った。


 はじめての海外旅行だという彼は、

今日まで

ものすごい大冒険をしてきたかのように

目を輝かせながら

これまでの話を始めた。

lhasa-beer-from-tibet-makes-us-debut-pg.jpg

 どこかおどおどした店員が

私たちの目の前に無造作に皿を置いていった。


 串焼きは何日も繰り返し焼かれたようで、

すっかり油が抜けており、

ぱさついているのに

しっかり、ケモノ臭かった。
 

 山羊の頭は

どこが脳で、

どこが眼球なのか、

区別がつかないほど焦げていた。

lhasa-beer-from-tibet-makes-us-debut-pg.jpg

 旅人の話が

北京に至ったとき時、

子連れの乞食が喜捨を請いに来た。


 金を受け取ると、乞食は去って行った。


 旅人は、

北京での出来事の続きを始めたが、

すぐに乞食の子供たちが駆け寄ってきた。


 私は子供たち一人ずつに少しずつ渡した。

すると子供たちは「少ない」と文句を言い出した。


 さきほどの子連れが

もらった金額を子供たちに言ったらしい。


 私は金の代わりにぱさぱさの串焼きを三本渡した。


 子供たちは、串を奪い合いながら、駆けだしていった。

lhasa-beer-from-tibet-makes-us-debut-pg.jpg

 旅人は、話し好きな人だった。


 話が

五台山にさしかかった時、

弦楽器をかき鳴らしながら

男が大声で歌いながらがやってきた。


 旅人は無視して話を続けようとしたが、

話し声をかき消すように

男は大声で歌った。


 旅人が、それよりも大きな声で話すと、

男はさらに大きな声を出した。


 私は小銭をわたした。


 男は、あっさりと歌うのをやめて去っていった。

lhasa-beer-from-tibet-makes-us-debut-pg.jpg

 旅人の話が、

無事、ラサに到着したのは、

夜更けのことだった。


 旅人は、すっかり酔っていた。

 黙ったまま、

うつろな目でグラスを眺めていた。


 私は、ぼこぼこに変形したヤカンからお茶を注いだ。

lhasa-beer-from-tibet-makes-us-debut-pg.jpg

「取り返しのつかないことを、

やってしまった」

 旅人は、突然、告白を始めた。


 それは、

確かに

「取り返しのつかないこと」だった。


 その罪の償いはしたし、

相手方も、

もう十分だと言ってくれたのだという。


 それでも罪悪感に苦しめられ、

日本から逃げ出して、

旅に逃げ込んだ。


 しかし、

どこに行っても

そのことが頭から離れず、

いつのまにか、

旅人は巡礼者となっていた。


 仏跡から仏跡へと移動し、

各地の御本尊へ懺悔を繰り返してきたのだという。

lhasa-beer-from-tibet-makes-us-debut-pg.jpg

「罪は、償えたのですかね?」

 罪は償えた。

 罪はもう存在しない

 旅人は、そんな言葉を期待しているようだった。


 しかし、それは単なる気休めだ。


 旅人が、今も現に

そうやって苦しんでいる

ということは、

罪業の潜勢力が

今も、力を持ち続けているということである。


 滅罪の力を

自分の外に求め続ける限り、

その苦悩から逃れることはできない。


 自分に偽ることなく、

記憶を深層領域から注意深く、

そのすべてを取り出し、

反省と決意と加持力によって

丁寧に解体してゆく。


 深く後悔し、

二度と繰り返さないという決意を、

執着せずに、執持すること。


 そして、

そのすべてを受け入れなければならない。


 あなた自身が光となれば、

問題はそれ自身の力で解決し、

経験は自ずから解脱する。


flags.jpg

「e31 ミヤンマー パガン わがままな馬とやさしい馬主 パガンの夕日」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


9月から少人数制で瑜伽行(ヨーガ、呼吸法、瞑想)実践修行

9/5(日)金剛薩た浄化法伝授

9/12(日)舎摩他実習会 集中力をつける瞑想法です。

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。