e34 ミヤンマー 長距離夜行バス3 ドイツ人とミヤンマー人と日本人 太平洋戦争

はじめての方は「e1 タイ1 スコータイ マハタート寺 ぶよぶよとした世界」からどうぞ

「e33  ミヤンマー 長距離夜行バス2 真夜中のパンク」のつづき

free_burma_06.jpg

 もちろん私たちが

一緒に戦ったわけではなく、

ドイツ人は

太平洋戦争のこと言っているのだった。


 ドイツ人は

ミヤンマー人のマナーについて

非難を始めた。


 私は黙って聞いていた。


 乗務員が何か叫んだ。

 乗客がバスに乗り始めた。

 タイヤ交換が終わったのだ。


 バスが走り出す。

burma_crackdown_1008.jpg


 乗客の大半が

喫煙を始めた。


 バスの中はすぐに煙で満たされていた。

 ドイツ人は、もう何も言わなかった。

 私は煙にむせながら、

背もたれのない座席で揺られていた。


 ドイツ人は私に同情した。

「席をかわってやるよ」

 私は遠慮せずに席をかわった。

burma-photog-07.jpg


 車内が振動する。

 ドイツ人も振動する。

 揺れは、次第に激しさを増してゆく。


 揺さ振られ

強張ったドイツ人の顔は

妙におもしろかったので

私はしばらく笑い続けた。


 ドイツ人が叫んだ。

「ギブアップ!」

burma_crackdown_1008.jpg


 またドイツ人と席をかわった。

 今度は、私が揺さ振られた。

 ドイツ人は大笑いしていた。


 バスはいくらも走らないうちに

再び停まった。


 私は再び

邪魔だと言われ、

バスから降ろされた。


 シャツがすっかり

たばこ臭くなっていた。
 
 虫たちが

バスの灯りに

ぞくぞくと集まってくる。

burma.jpg

 また、パンクだった。


 ドイツ人は再び

ミヤンマー人を非難し始めた。


 私は再び

黙って聞いていた。


 乗務員が慣れた手つきで

タイヤをはずした。

Burma-water-festival-Burm-001.jpg


 ガラスを強く叩く音がした。

窓を見上げると

巨大な蛾が窓ガラスに

身体を打ちつけていたのだった。

 繰り返し、

車内から射す光に向かって、

頭から突っ込んでいく。

 繰り返し

身体をぶつけ、

繰り返し

ガラスにはじかれている。


 ドイツ人は

まだ非難し続けていた。


 バスは再び

走り出すだろうが

またパンクを繰り返すだろう。

Burma-water-festival-Burm-001.jpg


 蛾は繰り返し、

身体を打ちつけている。


 幾度も繰り返すうち、

羽が少しやぶけ、

鱗粉が散った。


 幾度も

無意味な行動を繰り返し、

自らを傷つけている。


 暗黒の闇の中で、

始まりさえない遠い過去から、

すべての生き物が

同じことを繰り返している。


free_burma_06.jpg

「e35」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


9月から少人数制で瑜伽行(ヨーガ、呼吸法、瞑想)実践修行

9/5(日)金剛薩た浄化法伝授

9/12(日)舎摩他実習会 集中力をつける瞑想法です。

9/18(土)月例観音供 午前10時半開始

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)

1月18日 初観音 ・午後2時
2月2日 星まつり・午後7時
2月18日 観音供 ・午後2時
3月18日 観音供 ・午後2時
4月8日 花まつり・午後2時
4月18日 観音供 ・午後2時
5月18日 観音供 ・午後2時
6月18日 観音供 ・午後2時
7月18日 観音供 ・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時
9月18日 観音供 ・午後2時
10月18日 観音供 ・午後2時
11月18日 観音供 ・午後2時
12月18日 終観音 ・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク