e43 インド ブッダガヤー3 チベット人キャンプ ダライラマ法王の慈悲

はじめての方は「e1 タイ1 スコータイ マハタート寺 ぶよぶよとした世界」からどうぞ

「e42 インド ブッダガヤー2 サイクルリクシャー」のつづき

wholemahatemple.jpg

 霧に触れた衣類がうっすらとしめっている。

 老人は細い筋肉でペダルを踏み続ける。

前輪が、白い霧をすーっと切り分け、

並木道を進んでいく。


 木々の間を抜けると、

チベット人たちのテントが

ずらりと並んでいた。


 村が近い。

dscf5132.jpg

 中国の武力によるチベット侵略により、

大量のチベット人が虐殺され、

大量のチベット人が海外に亡命した。

 チベット国王であるダライラマ法王も

亡命された御一人だ。

dalai lama child

「死んでも国を守る、

というのが国王のあるべき姿」

だと言う人がいる。


 しかし、

生き続け、

チベット国民のために

奪われた国を取り戻そうと努力されている

ダライラマ法王の御姿は、

もう一つの、

国王のあるべき姿である。

dehlarge.jpg

 価値観は決して一つではない。

世界は、多様な価値観の衝突により、

いたるところで争いを繰り返している。

 一つの価値観に固執することが、

自らに限界を作り出し、

敵を無限に生じさせる。


 一切の価値観を内包する意識を

現成させることができたならば、

一切の限界を超越し、

自己と敵対する者とが

同一であることを知る。

5th-dalai-lama-in-beijing.jpg

 中国共産党は、

六百万人いたチベット人の内、

百万人を虐殺し、

六千五百の僧院を打ち壊した。

チベットの広大な森林を切り倒し、

野生動物たちを壊滅状態に追い込んだ。


 美しい高原や河川を核廃棄物で汚染した。


 それでも、

ダライラマ法王は、

我々を苦しめる中国の人々に対し、

慈悲の心を失ってはいけない、

と説かれる。


 自他、

敵味方の分別から、

完全に解脱したとき、

大いなる慈悲がそこにある。


dalailamast.png


「e44 インド ブッダガヤー4 ダライラマ法王のカーラチャクラの灌頂 死の瞑想」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


9/18(土)月例観音供 午前10時半開始

9/19(日)金剛薩た法実習会(行法の受者のみ)午後2時開始
9/26(日)金剛薩た法実習会(行法の受者のみ)午後2時開始

9/29(水)毎週水曜日(19時~20時半)瑜伽行(ヨーガ・呼吸法・瞑想)クラス

10/3(日)仏名会(過去千仏へ五体投地)
11/7(日)仏名会(現在千仏へ五体投地)
12/5(日)仏名会(未来千仏へ五体投地)ケツンサンポ・リンポチェの一周忌

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク