仏教心理学7 あるがままに認識できない人間の知覚構造

はじめての方は「仏教心理学1」からどうぞ

「仏教心理学6」のつづき

 人間は、外界知覚するとき、


80%くらい



Ic.jpg



視覚に頼っているといわれますが、


「仏教心理学6」で見てきました通り、


非常に複雑過程を経ながら、



036e.jpg




何度も加工された視覚対象が、



最終的認識されているのです。

01.jpg



このことについて実験する場合



01.jpg



人を実験台にすると、


01.jpg


どうしてもその人の主観入ってしまうということで


01.jpg




実験データが取りにくいのです。



b12.jpg




ですから人工頭脳の視覚と



アトム01_o_



人間の視覚を比較することによって、



b12.jpg



人間視覚がどのように加工されているのか




という実験が行われています。


01.jpg



そこでわかったことは、



人のは、




brain.jpg






様々な色の光が組み合わさった




全一な光の中に



縁取り、輪郭を与え、


11201230.jpg





個々の認識対象分別しやすいように加工していることが明らかになりました。



これは

人が認識対象をあるがままには見ていないこと



を立証する実験結果の一例です。

gohho.jpg

「仏教心理学8」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


阿字観伝授会 5月9日 要予約(無料)

精神世界ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク