e77 インドネシア バリ7 神々の夜

はじめての方は「e1 タイ1 スコータイ マハタート寺 ぶよぶよとした世界」からどうぞ

「e76 インドネシア バリ6 混沌のジャングルから流れ出してくる神々」のつづき

kkkGod.jpg

 バリの土着神であるバロンや

魔女ランダが

ジャングルに住む動物の姿

そのものであることを指摘するまでもなく、

バリの踊り手がまねる

神々の動きは

悉くジャングルに住む

動物や虫たちの動きである。

candentar3.jpg

 しかし、

だからといって短絡的に

バリの神々はジャングルに住む

動物や虫たちなのだと考えてはいけない。


 具体的な形を持たない神が、

具体的なモノに乗りうつることで

人々の目の前に顕現する。

fri.jpg

 不協和音が奏でる旋律の中で、

ゆったりとうねりながら

蛇のように眼球を動かす二人の踊り子。


 マデさんは、

いつのまにかゴザの上で

いびきをかいて眠っていた。


マデさんが眠ってしまったということは、

私も宿に帰れないということだ。

smd-topeng.jpg

 私もゴザの上で横になった。


 羽虫たちがろうそく灯りの周りを、

せわしなく飛び回っている。


 雨期のバリの月夜はおどろおどろしい。


 幾重にも重なった薄雲は、

月に照らされ

不気味なまだら模様を織りなしている。


 コウモリたちが飛び回っている。


 野良犬たちが闇に向かって吠えている。

candentar3.jpg

 まどろみの中で、

見ることなしに神々の動きを眺めていた。


 踊り子は、

神々にダンスを奉納する巫女であると同時に、

胎内に神を宿している神そのものでもある。


 満月がまだら雲に淡い光を与えていた。


 淡い雲は、少しずつ、流れていた。


 朝になれば、

神々はまたジャングルに帰ってしまうのだ。


bali-night_20101109094858.jpg

「e78 インドネシア バリ ウブド1 にわか雨と画廊の主人」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします


今後の予定

瑜伽行(座法・調気法・ムドラー・瞑想)
 毎週月曜・金曜 2時~3時半 4時~5時半 19時~20時半
  場所・真言宗 伝法密院
 毎週水曜日(19時~20時半)場所・池袋スタジオ


11/13(土)クンダリニー・ヨーガ集中修行
     場所・雑司が谷地域文化創造館 和室


11/21(日)仏名会(現在千仏へ五体投地) 場所・真言宗 伝法密院

11/27(土)クンダリニー・ヨーガ集中修行  場所・雑司ヶ谷

12/5(日)仏名会(未来千仏へ五体投地)
 場所・真言宗 伝法密院

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク