スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e82  インド ラージギール 牛の大群

はじめての方は「e1 タイ1 スコータイ マハタート寺 ぶよぶよとした世界」からどうぞ

「e81 インド ラージギール2 チャイ 」のつづき

 どんよりとした紅い空の手前に、

砂煙を上げる牛の群れがあらわれた。

india_sacred_cow_hindu_holy_vegetar.jpg


 坂の上から数百頭が下りてくる。


 リクシャーが路地に逃れていく。


 人と犬と鶏たちが道の脇へ寄った。

Delhi-Sacred-Cow.jpg


「椅子をひっこめろ」

老人がしかっめつらで私に言った。


 牛は

ヒンドゥー教徒たちにとって

聖なる生き物だ。

Delhi-Sacred-Cow.jpg


うるんだ眼球が

好奇心旺盛に

ぐりんぐりん

と世界を見まわしている。


 牛は、

一旦飲み込んだ物を

口中に戻して、

噛み直してから

再び飲み込む

「反芻」という習性がある。

cow_in_road_India_600.jpg


 目の前の半数の牛たちが、

泡った胃液を口からあふれさせ、

口を動かしている。


 聖なるものは必ずしも「善」、

あるいは「浄」であるとは言えない。

burnvictim_bnw-child-bathes-in-cow-urine.jpg


究極の真実は「善」と「悪」、

「浄」と「不浄」、

あらゆる二元論を

超越しているからだ。


「善」も「悪」も

「浄」も「不浄」も

すべては

その中に飲み込まれている。

india_sacred_cow_hindu_holy_vegetar.jpg


 道いっぱいにひろがる牛の流れは、

あらゆるものを無差別に飲み込んでいく。





「e83」につづく

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします



クンダリニー・ヨーガ個人指導

毎週月曜日と金曜日

  2時~3時半

  4時~5時半

  9時~20時半

  完全予約制(予約は横のメールフォームからお願いします)
 
参加費一会  3千円

八会分回数券 2万円

入会金    5千円



1/9(日)甲子初大黒 鏡開き おしるこの接待があります

1/18(土)観音供 10時30分

1/23(日)クンダリニーヨーガ集中修行

2/6(日)カイロ+調気法 丹田を鍛えるワークショップ

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。