スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教心理学18 即身成仏の前行としての四無量心観の伝授

 はじめての方は「仏教心理学1」からどうぞ

「仏教心理学17」のつづき

159.jpg

「遮那は阿誰が号ぞ
 (毘盧遮那=大日如来とはだれの名前でしょうか)

本是我が心王なり
 (本来から、それは自身の心の本性です)」


159.jpg

と、

弘法大師

DSC00802.jpg

いわれているとおり、

心の本性こそが大日如来であり、

159.jpg

即身成仏とは、

大日如来一体になること、

159.jpg

それは心の本性現成させることに他なりません。


 その前行として、

意識の深層領域をその向こう側にある心の本性

質的限りなく近づけておく必要がある

ことを前回までに述べさせていただきました。

amida.jpg

 前回の「仏教心理学」では

大日如来の特性として、前回は「智慧と慈悲」を挙げましたが、

またの説として、四無量心(しむりょうしん)があります。

 四無量心とは、

四つの量り知ることのできない心」であり、

その四つとは
慈(いつくしみ)
悲(あわれみ)
喜(よろこび)
捨(平等心)

です。

amida.jpg

無量心とは、量り知ることのできない心でありますから、

日常意識にたびたび生じる

慈(いつくしみ)、
悲(あわれみ)、
喜(よろこび)、
捨(平等心)
」よりも、

はるかに強力で無限にあふれてくる如来の心なのです。

amida.jpg

 慈・悲・喜・捨の4種のを強め

四無量心を生じさせる四無量心観という瞑想法があります。


 四無量心観は、真言密教金剛界法に含まれており

別尊法でも、多く用いられている観法です。


しかし、四無量心

を結んで真言を唱えるだけで

魔法のように沸き起こってくるようなものではありません。

kuchie_02-1.jpg

 実際に、慈・悲・喜・捨4種の心を強め、

深層意識大日如来質的に近づけていく

生きた四無量心観の口頭伝授

私はネパールの僧院

根本阿闍梨からいただき、大切に行じてまいりました。

ネパール 002僧院から見える風景


 この具体的な力を持ったチベットの四無量心観

真言密教伝承される印と真言

一座次第に編んで

伝授することを6月末予定しております。

amida.jpg


興味のある方は横のメールフォームか
info@shingon18.com
まで、メールでお問い合わせください。


「仏教心理学19」につづく

毎月18日は観音供です。

「ちょっとでもいい」と思った方はクリックお願いします

精神世界ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天照寺

天照寺

Author:天照寺
埼玉県坂戸市

毎月18日・午後2時
 観音供(合同供養)
 阿字観瞑想会

2月2日 星まつり・午後7時
4月8日 花まつり・午後2時
7月18日 盂蘭盆会・午後2時
8月18日 盂蘭盆会・午後2時

http://www.shingon578.com/

QRコード
QR
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。